TOP > 自動車

フリードスパイク 試乗



今日、ホンダの発売されはばかりのフリードスパイクに試乗して来た。

試乗車は、Gエアロのクールターコイズ・メタリック(青緑っぽいやつ)

参考までに当方の現車は、初代ステップワゴン/RF1の後期型です。

■第一印象==============

まずは見た目。
意外と大きく見える。
そして写真で見るよりかっこいい。
フリードとは、外見はフロントマスクとリアの処理が違うだけ?だが、別の車のように感じる。
個人的にはフリードは、なんか丸くて男性が乗るにはちょっと抵抗があったが、フリードスパイクは、精悍なイメージで男性にもOKである。

■室内==============

・運転席

まずは運転席に座ると、シートが高い。(シート高調整なし)
シートは、少し硬め?
ヘッドクリアランスは、10cm以上あるが(当方173cm,75kg)、フロントウィンドウの傾斜が結構あるので意外と圧迫感がある。

・助手席

基本的には運転席と同じだが、肘掛が助手席にはない。


・後席

まずまずの広さ。ただシート座面の形状が少し気になった。


・荷室

2列目を倒すと2m程の長さになり高さもあるので自転車も楽々積める。ただ幅は意外と狭い印象。

5人乗車時の荷室の広さは、奥行きがなく高さでカバー。
ちなみにゴルフバッグは横には積めず、斜めだったらギリギリ積める感じ。


■試乗==============

エンジン音は静か。
アイドリングの音はほとんど聞こえない。

さぁ発進!
ハンドルは、メチャメチャ軽い。
これが電動パワステなのか。
そしてハンドルのサイズが小さい。

エンジンパワーは、まずまず。
気持ちよく吹けあがる感じ。
通常使用では不満はないはず。
一昔前の2Lエンジンと変わらない 。

実は、CVTは今回初めて。
エンジン音があまり聞こえないこともあって全然違和感なし。

しかし、本当に静かである。
少し吹かすと少しはエンジン音が聞こえてくるが、これなら高速でも時速100kmくらいなら静かじゃないのかな。

足回りは意外とどっしりしていて好印象。

試乗して気になった点は、やはりフロントウィンドウの圧迫感とシートの高さ。
それと、運転していての楽しさがないこと。そういう車ではないのだけれど、小さく軽いハンドルと静かな車内。そして緩やかな加速と落ち着いたサスペンション。例えるなら、ゴルフ場の自分では運転できない誘導電動カートに乗っている感じ。

==============

今回の試乗車には、残念ながらスカイルーフはついてなかったが、ついてたら少しは印象が変わったかもしれない。

この車のターゲットは、あくまでもアウトドア好きの、若者。
子どものいないおじさん。子どもが大きくなったおじさん。だと思う。

小学生までの子どものいる家庭では、この車では小さすぎると思う。


あと、この車のスタイルと大きさ、荷室の使い勝手が気に入ったとしても、購入の前に試乗をお勧めする。

車好きの人だったら、この走りを納得してから決めたほうがいいと思う。

実際自分も、試乗するまでは結構気に入っていたが、乗ってみてこの走りを感じて候補から外した。

やっぱり、走りの感じは大切。


実際、試乗後、自分の車ステップワゴンに乗ったら、運転席の開放感、エンジン音、ハンドルの適度な硬さに安心した。
(2010年07月24日)


スポンサーリンク

スポンサーリンク





Copyright(C) 2009-2018 「気ままにMyRoad」 All Rights Reserved.