TOP > 健康

足のだるさや関節痛は、水分の取りすぎだった



先日、急に足がだるくなって股関節や膝も少し痛みだした。

いつも、ストレッチや軽い筋トレ、ウォーキング、ゴルフなどをしているが、この時これと言ってきつめの運動などもしていない。

何か病気かもしれないと心配になっていろいろ調べている時に気が付いた。

最近、今までと違う事をしていたことを。

それは、水分補給。

最近少し便が硬く便秘気味だったので水分補給を増やせば改善すると思って、この10日ほど今までより水分を取るようにしていた。

いつもは、毎日コーヒーを2~3杯飲むので普通の生活をしている分には水分補給は有る程度できていたが、以前からの知識でコーヒーは利尿作用があるので水分補給にはならないと認識していたので水分補給は足りていないと思っていた。

具体的には、今までより、朝昼晩に麦茶をそれぞれコップ一杯(約200cc)を飲むようにした。

つまり、今までより1日約600cc水分補給を増やしていた。

そこで、「水分取りすぎ 関節痛」を、ネットで調べたらやはりありました。

「腰痛・関節痛は水分の取りすぎ」「水分の取りすぎは体調不良のもと」など。

読んでみると、水分を取りすぎて体内の水がうまく排泄されないと、体温が下がって代謝が悪くなり下半身の冷えや、めまい、頭痛、倦怠感、関節痛などの症状が現れるらしい。

そう言えば、最近体温を測るといつもは36.8℃くらいなのに36.2℃くらいになっていた。

また、体重も1kg増えていた。

やはり、足のだるさと股関節痛は、水分の取りすぎが原因だと思った。

そして、もう一つ、コーヒーの水分補給についても改めて調べたら、コーヒーやお茶は以前、利尿作用があり、体の水分が減るので水分補給には不向きと言われていたが、最近のではカフェインの入った飲み物でも1日にマグカップ2~3杯であれば水分補給になるといった研究結果も出ているらしい。

つまり、今まで飲んでいたコーヒーは、十分水分補給になっていたのだ。

その後、追加で飲んでいた朝昼晩の麦茶をやめたら、嘘のように足のだるさと関節痛は治まった。

水分補給は大切だけど、水分取りすぎも体には悪いので十分気を付けよう!!

(2021年04月01日)




自動車用品売れ筋ランキング ベスト3 <ベスト30はコチラ>


Copyright(C)「気ままにMyRoad」 All Rights Reserved.