TOP > 健康

ブランデーとウイスキーの違い



ブランデーとウイスキーの違い_1

最近、ブランデーに、はまっている。

実は、ブランデーとウイスキーの違いについて知ったのはごく最近。

人生60年近く生きてきて、お酒も40年飲んできたのにである。

きっかけは、いつものように、某ディスカウントショップで4Lのウイスキーを購入しようとしていた時だった。

いつもは、サントリーレッドかブラックニッカクリアの4Lボトルを買うのだが、その日は、今までなかったと思われるSUNTORY V.Oの4Lボトルが目に入ってきた。

これは、どうかなと思ってみると、「ブランデー」と書かれてある。

色もウイスキーより少し濃い。

そう言えば、ウイスキーとブランデーの違いを知らなかったなと思い、興味はあったがその日は買わずにブランデーについて調べることに 。

ブランデーと言うと、故石原裕次郎さんがバスローブを着て大きめのブランデーグラスで優雅に飲んでいるイメージしかなかった。

調べてわかったのが、ウイスキーとブランデーとの違いは、原料が違うこと。

ウイスキーの原料は、ビールと同じ麦・大麦・とうもろこしなどの穀物で、ブランデーの原料は、ワインと同じぶどうなどの果実。

そのため、香りや味に違いが出る。

また、ブランデーに含まれる樽ポリフェノールは、抗酸化作用に優れており、活性酸素を取り除く効果が高く、がんの抑制や動脈硬化・脳梗塞などの予防、そして美白効果もあるらしい。

とりあえず、試しにSUNTORY V.Oの640mlボトルを買ってきて飲んでみた。

ブランデーは、香りも楽しむと言われているので、まずは香りをかいでみる。

このサントリーV.Oは、原料がマスカットなので甘いフルーティーな香り。

まずそのまま飲んでみるとウイスキーより甘くフルーティー。

これはいい。

次は、炭酸で割ってブランデーハイボール。

ウイスキーのハイボールよりちょっと濃く作るとおいしい。

これは、女性にもおすすめです。

ブランデー最高です。

(2020年07月09日)




自動車用品売れ筋ランキング ベスト3 <ベスト30はコチラ>


Copyright(C)「気ままにMyRoad」 All Rights Reserved.