TOP > 健康

鼻から胃カメラ(経鼻内視鏡検査)初体験



先日、5年振りくらいに胃カメラをやってきた。

今回で、人生3回目。

この1カ月くらい、胸焼けや膨満感がひどかったので念のため病院(クリニック)に行った。

このクリニックは、初めて。

この5年ほど胃カメラをいやっていなかったので、念のため近くで内視鏡のやっているところでよさそうな病院をネットで調べて行った。

5年前の胃カメラは、大学病院で、遠いし、時間はかかるので。

診察の結果は、大したことはなさそうなので薬で様子を見ましょう。とのこと。

ただ、念のため、自分から胃カメラをお願いして予約をした。

そして、検査当日。

このクリニックでは、胃カメラを、鼻からと口からのどちらかを選べるので、今まで2回は口からだったので、少し迷ったが今回は鼻からにした。

迷った理由は、一般的には、鼻からのほうが絶対楽といわれているが、前回2回口からしたが、「おえっ!」(咽頭反射)となったのも一瞬で、初めてのときも、終わってから看護師さんに「うまいですね」とほめられたくらいそんなに苦痛ではなかったし、それよりインフルエンザの検査の時に、長い綿棒を鼻の奥に入れられた時のほうが痛かったので迷った。

ただ、今後のためにも鼻からもやってみようと思い今回は鼻からにした。


検査前に、まず、胃の泡をけす薬を飲む。

そして次に、鼻に霧吹きのようなもので麻酔を噴射。

そして、しばらくしてから今度は、スポイトのようなもので麻酔を流し込まれて、ゴックン!

麻酔は、とりあえず両方の鼻の穴にする。

検査の時にどちらの鼻の穴からするか先生が確認するとのこと。

そしてしばらくして検査台へ。

最初は、どちらの鼻の穴からにする確認のため、とりあえず両方の鼻に胃カメラを少し入れて確認。

自分の場合は、左だと少し痛かったので右に決定。

左は、少し狭くなっているらしい。

そう言えば、左の鼻のほうが詰まりやすい。

そして、検査開始。

咽頭反射もなく、あっという間に食道に。

そして、胃から十二指腸へ。

その間、コチラがやることは、息を思い切り吸ってお腹を膨らませたりする。

鼻からも口からも息はできるので苦痛はない。

そして、あっという間に、終了。

10分位だったと思う。

そして、検査結果は、胃に傷が1つあって、十二指腸が少し赤いとのこと。

ただ、たいしたことはないとのこと。

ピロリ菌は、いないだろう。と。

とりあえずストレスなどで、胃腸の具合が悪くなっているのでは。と。

まずは一安心。

やはり、口よりは、鼻からの胃カメラのほうが楽であった。

ただ、終わってから少しして、鼻血の塊があったのに気づいた。
(2013年12月16日)


スポンサーリンク

スポンサーリンク





Copyright(C) 2009-2018 「気ままにMyRoad」 All Rights Reserved.