TOP > 自転車

ガーミンnuvi205用外部バッテリー自転車取り付け



GARMIN(ガーミン)nuvi205の電池駆動は、4時間以上と仕様書には書かれている。

もし4時間使用できたとしても、長距離のサイクリングに出かけた時はそれでは足りないので外部バッテリーを取り付けることにした。

ネットでいろいろ調べたら、携帯電話や携帯ゲームへのUSBポート供給の充電機器が流用できると判明。

専用のPowerBank slimなどの外部バッテリーもあるが、少々値段が高めだし、充電池を持っていることもあり、単三の電池式を探した。電池式だといざという時にコンビニとかで電池を買えるしね。

ただ、ネットやディスカウントショップ、家電店で探したけど、なかなかない。あっても電池2本だったり単四だったり。やっぱり容量を考えると単三4本。

そして、やっとビックカメラ新宿店で見つけたので購入。

あと必要なのが、自転車に取り付けるためのひもやケース。

ケースは100円ショップで丁度いいのがあったので購入。
取り付けの方法は、当初マジックテープでやってみたけどしっくりこない。
いろいろ考えていたら、取り外しのできる結束バンドを、これまた100円ショップで発見。

早速自転車(DEFY3)に取り付けた。

nuviバッテリー1
これがケータイやゲームへの電池式充電器。コードは付属しているがnuviには使えない。1,480円

nuviバッテリー2
これがすべて。電源コードは付属のPC接続用USBケーブルを使用。接続してすぐは、PC接続として認識するが30秒ほどするとバッテリー供給として認識する。

nuviバッテリー3
バッテリーを入れたケースのベルトホルダーに取り外しのできる結束バンドを通してにワイヤーに干渉しないようトップチューブに装着。

nuviバッテリー4
横から見るとこんな感じ。

nuviバッテリー5
コードをナビに接続して完了。上から見るとこんな感じ。

これで恐らく10時間ほどは使えると思う。

早く長距離サイクリングしてレポートしたいな。
(2009年09月04日)


スポンサーリンク

スポンサーリンク





Copyright(C) 2009-2018 「気ままにMyRoad」 All Rights Reserved.