TOP > サプリメント

コンドロイチン



★こんな症状に効く★

◎関節痛
◎免疫力UP
◎肌の保湿
◎中性脂肪値が高い
◎傷の治りが悪い

★コンドロイチンとは★

コンドロイチンは、軟骨、骨、腱、角膜、水晶体、血管壁、皮膚などに含まれており、体の潤滑油の役割を担っているムコ多糖の代表的な成分である。体内で合成されるが、年齢と共にその合成力が衰えてくる。すると油が切れた機械のように体の節々が痛みを感じるようになる。腰や膝などの関節痛になるのはこのコンドロイチンをはじめとしたムコ多糖の減少によることが大きいと見られている。

また、コンドロイチンなどのムコ多糖が少なくなると、必然的に保水力が失われ、肌のハリや乾燥はもちろん、細胞や組織の弾力性が失われ傷の治りも遅く、組織構造の機能低下や免疫力の低下にもつながっていく。血液中の脂肪の代謝もうまくいかない。この減少を防ぐには、外部からの補給が必要になる。

ムコ多糖はネバネバした物質で、動物や魚にも含まれており、コンドロイチンはサメや牛の軟骨や、最近では鶏の軟骨から抽出される。コンドロイチンが精製されたものは関節痛の治療薬として長く使われており、サプリメントでもその効果は十分に期待できる。変形性関節症や腰痛に効果のある「グルコサミン」と併用すると、関節の痛みなどにより効果的である。

★コンドロイチンの副作用は?★

コンドロイチンは、動物性の食品で、フカヒレ や スッポン、すじ肉、植物性の食品では、ヤマイモ や オクラ、なめこ などにも含まれていて、体内でも合成される成分であることから、特に問題となるような副作用などは報告されてはいないようです。また、コンドロイチンの1日の摂取量の目安は、特に決められてはいないようです。

しかし、コンドロイチンを摂取する場合は、過剰摂取にならないように医薬品や健康食品、サプリメントなどの製品のラベルや表示、ホームページなどをよく確認した方がいいでしょう。
(2011年04月10日)


スポンサーリンク

スポンサーリンク





Copyright(C) 2009-2018 「気ままにMyRoad」 All Rights Reserved.