TOP > 自転車

サイクルコンピュータ センサーキット取付



今日Defy3にサイクルコンピュータ用のセンサーキットの取付をした。

サイクルコンピュータは、キャットアイのCC MT400。2つのタイヤサイズを設定できるのでプレスポと共用。

ブラケット他
◎センサーキットとホイールマグネット。一番右は、ヘッドライト用ブラケット。

SC取付1
◎センサーキットには、ホイールマグネットが付属してないので別に購入しなければいけない。こんなもの(失礼)がなんと500円!!!!

SC取付2
◎まずは、進行方向右側のスポークにホイールマグネットを取り付けて、フロントフォークにセンサーを取り付ける。(左側ではだめ)
マグネットとセンサーの間隔は5mmほど。

SC取付3
◎コードを表から見えないようにフロントフォークの裏側から通して付属の結束バンドで固定する。

SC取付4
◎フロントのブレーキアウターケーブルに、少したるみをつけてから巻きつける。ここで右側にセンサーを付けなくてはいけない理由がわかる。実は自分も最初左側につけてしまって、ここで気づいてやり直した。

SC取付5
◎きれいに巻きつけてから、ブラケットをハンドルバーに取り付ける。

SC取付6
サイクルコンピュータを取り付けて、前輪を回して動作すれば完成。コンピュータが動作しない時は、センサーとマグネットの距離などを確認しよう。

やっぱりスポーツ自転車にはサイクルコンピュータは必需品。スピードなどではなく走行距離で楽しさもモチベーションもアップするからね。
(2009年08月12日)


スポンサーリンク

スポンサーリンク





Copyright(C) 2009-2018 「気ままにMyRoad」 All Rights Reserved.